運行規制とは

運行規制とは、国が定めている自動車NOx・PM法に基づいた車種規制に加えて、各地方公共団体において定められている条例に基づいて実施される大型ディーゼル自動車に対する規制などのことです。
地方公共団体によって規制の対象となる車種や、排出ガス中に含有されている物質、規制の内容や対象地域が異なります。
規制の対象となる自動車の識別記号や、猶予期間、特殊自動車による規制対象外になる自動車についてなどの詳細な情報は、各地方公共団体のホームページにアクセスすることで確認することができます。
自動車NOx・PM法の制度に関する事項についての詳細は、環境省環境管理局自動車環境対策課または、国土交通省自動車交通局環境課や、都道府県の運輸支局整備課に問い合わせることで内容を確認することができます。
規制対象にならない天然ガス車、LPG車、ガソリン車などの低公害車に買い替えることや、平成9年度以降の新しい型式の車に買い替えることによって規制の対策が取れます。
各都道府県知事が指定している、DPFや酸化触媒などの粒子状物質を減らすことができる装置の装着が推進されています。
条例を制定している各自治体は規制対象になる車両に対して適切な運行の管理や、運転者への指導をすることができ、罰則を設けることもできます。

Comments are closed.