単体規制とは

現在の市販されている自動車の排出ガスに対する規制は環境省が筆頭となって展開しており、その内容については単体規制という名称で国内すべての自動車が対象となっている法律となります。
これは環境に配慮した自動車の健全な運営・クルマ社会を確立する為の手法として捉えられており、自動車から排出される排気ガスや二酸化炭素といった大気汚染物質自体を一定量としての濃度で国の定める排出基準以下とするための規制となっております。
上記で挙げられる大気汚染物質としてもさまざまな成分が指定されており、現在の日本国内で規制されている物質自体について窒素酸化物や一酸化炭素,そして実際の走行で他の人や車から排出されて視覚的にもはっきりわかる黒煙や白煙についても述べられているのが最大の特徴となっております。
ちなみにこの成分自体は粒子状物質となっており、窒素酸化物や黒煙,そして粒子状物質と呼ばれる成分については,平成元年12月の中央公害対策審議会と呼ばれる部門大会における答申の際に、短期的または長期的な展望を踏まえた上で低減させる為の取り組みを活かした目標値が定められていることになります。
元々、排出ガスの低減は比較的早い段階から展開しておりました。

Comments are closed.