車種規制とは

車種規制とは、自動車NOx・PM法によって国に定められている対策が必要な地域として指定されている場所で、トラック、バス、ガソリン車、LPG車、ディーゼル車に関して特別に粒子状物質の排出基準と、窒素酸化物の排出基準を定めて、これらの基準値よりも排出量が少ない車を使ってもらうための規制です。
対策が必要であると指定された地域内において新車と現時点で使用されている車に、この規制は適用されます。
自動車が登録されている地域が、対策地域外であれば規制の対象とはならずに引き続きそのまま使用することができます。
対策地域内である場合は、自動車のナンバープレートの分類番号が規制の対象となる車種に該当するか確認しなければならず、
該当していなければ規制の対象となる自動車ではありません。
規制の対象となるナンバープレートの分類番号の車種のうち、排出基準に適合している自動車であれば規制の対象とはなりません。
自動車の型式による識別記号が、排出基準に適合していない自動車については規制の対象となります。
自動車NOx・PM法に基づく規制の他に、各地方公共団体によって独自の基準が設けられている場合もありますので注意が必要になります。

Comments are closed.