硫黄酸化物の危険性

「硫黄酸化物」という言葉を聞いたことがある方は少なくないと思いますが、具体的にどういうものかご存知でない方もまた多いのではないかと思います。
二酸化硫黄(亜硫酸ガス)(SO2)や三酸化硫黄(無水硫酸)(SO3)等の硫黄の酸化物の総称で、SOx(ソックス)とも呼ばれます。
石油や石炭等の硫黄分(S)を含む化石燃料の燃焼によって発生する、大気汚染や酸性雨の原因になる有毒物質です。
特に二酸化硫黄は、大気汚染の主因と考えられており、刺激性の強い臭い、呼吸器系統への悪影響(慢性気管支炎、ぜんそく)、目の粘膜への刺激等を引き起こします。日本の高度成長期(1960~70年代)において、工業地域で大量に発生し社会問題となりました。その内の有名な事例が三重県の四日市コンビナート周辺地域で起きた四日市ぜんそくです。その後日本では、規制の強化とそれに伴う排ガス処理装置や石油脱硫装置技術の向上、脱硫経由の使用、天然ガスへの転換等により、工場及び自動車からの発生はかなり抑制されるようになりました。
一方近年は、日本で観測されるSOxの約半分が中国から偏西風によって日本に運ばれてくるとされ、越境大気汚染問題として日本への影響が懸念されています。

Comments are closed.