排出ガスが与える影響とは

排出ガスの問題は、地球や人間の健康までにも影響を与えます。
特に高度経済成長期の1960~1980年代は工場からの煙や車の排気ガスなどが原因で空気がとても汚れていて、空が曇っていたと言われています。
その後、環境問題が取り上げられるようになり規制がかかるようになりました。
しかし、都市では自家用車の普及が進みなかなか空気がきれいになるのが遅かったようです。
最近では、特に光化学スモッグは、大都市などで風のない晴れた夏の日によく発生します。
光化学スモッグは排気ガスに含まれる物質が紫外線に当たって発生します。
人体には、目の痛みやのどの痛みの症状が現れる場合もあります。
この排気ガスが原因でオゾンが破壊され地球の環境問題は、国際問題にもなっています。
近年は、出来る限りは排気ガスを出さないような自動車の開発が進んでいます。
特に、水素と酸素を化学反応をさせることで電気を発生させて走る電気自動車または燃料電池自動車です。
水素と酸素を化学反応させても水が発生するだけなので、とても環境に良いと言われています。
これらの自動車が普及するにはまだ時間がかかるようですが、人間が作り出した問題に対して解決できるよう人間が力をそそぐことが必要でしょう。

Comments are closed.